皮膚病の原因は実は食事?皮膚病を予防に心がけたい食事法

皮膚病の原因は実は食事?

一緒に暮らしているワンちゃんに少しでもおいしいものを食べさせてあげたい・・・そう思うのは飼い主として当然です。おいしいものを食べて健康で少しでも長生きしてもらいたいものですよね。

 

しかし、それが残念ながらアダになってしまうというケースがあるのです。つまり、愛犬に与えている食事が原因で何らかの病気になってしまうということ。これはとても悲しい事です。

 

ワンちゃんによっては、与えられた食事によりアレルギー反応を起こし例えば皮膚病になってしまうというケースも残念ながら存在するのです。

 

ここではそんな食事と皮膚病の関係について見てみたいと思います。

 

●なぜ食事で皮膚病になるのか

 

ワンちゃんは大切なペットとして飼っている訳ですから、もはや家族の一員。少しでもおいしいものをと思い、頻繁に食事のメニューを変えているという飼い主さんも多いと思います。

 

実はこれにも原因があるのです。例えば脂っこいものをあげている、慢性的にタンパク質が不足しているなどが常態化しますと、ワンちゃんによっては体の抵抗力が落ちてしまう事も考えられます。すると、真っ先に皮膚に異常が現れるというケースも。

 

さらに食事はそんなに変えていないというケースでも注意が必要です。特定の食品にアレルギー反応を起こしてしまい、それで皮膚に異常が見られたというケースも多いのです。

 

皮膚病の原因で寄生虫やアトピーに次いで多いのがこの「食事」なのです。

 

●予防方法

 

予防としては脂っぽい食事を控えたり、アレルギーになる食品を与えないなどの何らかの措置を取る事が必要です。特にアレルギーの場合、その食品を特定するのには獣医の協力が欠かせません。アレルギーになるのは牛肉や鶏肉などワンちゃんが好みそうな食えているという飼い主さんも多いと思います。

 

実はこれにも原因があるのです。例えば脂っこいものをあげている、慢性的にタンパク質が不足しているなどが常態化しますと、ワンちゃんによっては体の抵抗力が落ちてしまう事も考えられます。すると、真っ先に皮膚に異常が現れるというケースも。

 

さらに食事はそんなに変えていないというケースでも注意が必要です。特定の食品にアレルギー反応を起こしてしまい、それで皮膚に異常が見られたというケースも多いのです。

 

皮膚病の原因で寄生虫やアトピーに次いで多いのがこの「食事」なのです。

 

●予防方法

 

予防としては脂っぽい食事を控えたり、アレルギーになる食品を与えないなどの何らかの措置を取る事が必要です。特にアレルギーの場合、その食品を特定するのには獣医の協力が欠かせません。アレルギーになるのは牛肉や鶏肉などワンちゃんが好みそうな食材のものも多いので、市販のフードにこれらが含まれていないか飼い主としてもしっかりチェックする必要が出てきます。

 

飼い主にすると皮膚病の原因が実は食事にあったと考える人は意外と少ないもので、改善するのに時間がかかるケースもあります。なので、自己判断せず何らかの皮膚疾患を患ってしまったら、食事の事を含めて動物病院の獣医にしっかりと説明できるようにしましょう。