犬も熱中症になります!!愛犬にとっての暑さ対策方法大公開

愛犬の熱中症になる?

夏本番。最高気温が35℃なんて日も珍しくありません。人間の熱中症対策は多く行われますが、愛犬にも熱中症対策をしないと命に関わる事もあるのです。

 

基本的に犬は人間に比べて気温の変化に弱く、特に夏の暑さに対しては呼吸でしか体温上昇の調整が出来ない動物です。なので、急激に暑くなったりすると健康を害する犬も多くいます。特に寒冷地で育った犬種の場合、日本の夏は堪える!というケースも。

 

ここではそんな犬の熱中症対策について見てみたいと思います。

 

●こんな時は熱中症の疑いあり!

 

愛犬がいつもと違い元気がない。悪心や嘔吐、下痢が見られる。ふらついている。といった場合熱中症の可能性があります。特にクーラーも効いていない、閉めきった暑い部屋にいた場合は危険!熱中症は進行すると、けいれんを起こしたり呼びかけにも応じなくなり、最悪の場合死に至ります。

 

特にありがちなのが、夏の車の中でクーラーを切ったまま愛犬を一人でお留守番させていたケースです。室内は50℃を超える事もあり、まさに蒸し風呂の中に愛犬を放置しておくのと同じ事です。

 

最悪、異常に気づいた時には手遅れなんて悲しい事態もあるのです。飼い主としては是非とも注意したいものです

 

●犬の熱中症対策

 

ではどうすれば熱中症にならずに済むでしょうか。屋外で飼っている場合、アスファルトやコンクリートの地面は極力避けるという事です。これらは熱した鉄板並みに熱いのです。こうした輻射熱は強烈に犬をヒートアップさせてしまいます。なので、夏の暑い時間帯の散歩などは厳禁です。庭も出来れば芝生や土の上にいさせるようにして暑くないようにさせましょう。時々ホースの水などを散水して涼しくしてあげるのもオススメです。

 

室内の場合、人間と同様にクーラーの効いた涼しい部屋にいさせるという事が鉄則です。ただし、クーラーが効きすぎても体調を崩す

 

特にありがちなのが、夏の車の中でクーラーを切ったまま愛犬を一人でお留守番させていたケースです。室内は50℃を超える事もあり、まさに蒸し風呂の中に愛犬を放置しておくのと同じ事です。

 

最悪、異常に気づいた時には手遅れなんて悲しい事態もあるのです。飼い主としては是非とも注意したいものです。

 

●犬の熱中症対策

 

ではどうすれば熱中症にならずに済むでしょうか。屋外で飼っている場合、アスファルトやコンクリートの地面は極力避けるという事です。これらは熱した鉄板並みに熱いのです。こうした輻射熱は強烈にワンちゃんをヒートアップさせてしまいます。なので、夏の暑い時間帯の散歩などは厳禁です。庭も出来れば芝生や土の上にいさせるようにして暑くないようにさせましょう。時々ホースの水などを散水して涼しくしてあげるのもオススメです。

 

室内の場合、人間と同様にクーラーの効いた涼しい部屋にいさせるという事が鉄則です。ただし、クーラーが効きすぎても体調を崩す原因になりかねないので、自分で調整できるように色々なところを行き来できるように自由にさせてあげる事がポイントです。

 

夏場、犬を一人にして留守番させておかないといけないというケースも多いと思います。その際に異常がないかどうかしっかりとチェックして熱中症にかからないように注意したいものです