犬だって寒い!冬の愛犬の寒さ対策大公開

冬の愛犬の寒さ対策

 

「雪や こんこ♪」という歌いだしの童謡には、犬が雪の中喜んで駆け回るという歌詞が出てくるのをご存知の方も多いと思います。

 

だから、「犬は冬の寒さに強い」とお思いの方もいるでしょう。実際に犬の祖先は寒い地域を生息域としていましたので、その名残から犬種によっては寒いのにも強い犬種というのも存在します。

 

だから、我が家の愛犬も寒さは大丈夫・・・と特に対策を立てないのは危険です。特に今まで室内でペットとして飼っていたワンちゃんは寒さに慣れていない子も多く、健康を害してしまうというケースもあるのです。

 

そこでここではワンちゃんの冬の寒さ対策について見ていきたいと思います。

 

●冬の寒さ対策

 

短毛種のワンちゃんや小型犬、老犬などは犬の中でも比較的寒さに弱いとされています。特に老犬は体温調整が上手く出来なくなっているので、飼い主が暖かくしてしっかり温度管理してあげないと寿命を縮める事にもなりかねません。

 

こういう犬は寒くなってくると、食事を食べなくなったり、今までとは何か違う様子が見られたりする事もあるので、飼い主としては常にチェックを怠ることのないようにしたいものです。

 

特に冬、雪の多い地域ですと外の放し飼いは病気以外にも色々な危険を伴う事がありますので、注意が必要です。

 

室内飼いの場合は、冬に備えて、犬専用のヒーター等犬グッズを販売しているインターネットのサイトもあるので活用したいところです。

 

●愛犬が冬にかかりやすい病気

冬に体調を崩してしまうワンちゃんももちろんいます。特に冬場気をつけたい病気として「低体温症」が挙げられます。特に子犬が冬場の寒さで低体温に陥るというケースが多いので注意したいところです。
冬は人間同様に犬も関節系の疾患が多い季節でもあります。いつも元気に動き回っていたのに、急に歩くのを嫌がるようになったとか、触ったら痛そうな素振りをしたら早めに動物病院などで診察するようにしましょう。

 

さらに気をつけたいのが前節でも触れたヒーター等での部分ヤケド。室内で飼っていた犬がずっとヒーターの上で寝ていて低温火傷してしまったケースが特に老犬で多く見られます。飼い主としてしっかりチェックしてあげるように心がけましょう。

 

このように冬には冬の対策をしっかりととるようにしいたいですね。