ナタの愛犬には打っていますか? ワクチン接種

ワクチンは必要?

突然ですがアナタの愛犬には「ワクチン」を接種させていますか?

 

ワクチンには大きく分けて二種類あって犬から人へ移る「狂犬病」予防のためのワクチンと、もうひとつはワンちゃん自身の感染症に対するワクチンです。

 

「狂犬病」に関するワクチンは国から定められた飼い主の義務ですので打っていると思いますが、他は「ちょっと・・・」という人も少なくありません。

 

残念な事に日本のこうしたワクチン接種率はアメリカと比べても、まだまだ低くもっと啓発していかないといけないのが現状です。

 

そこでここでは犬のワクチンと健康について見ていきたいと思います。

●ワクチンで防げる病気は?

 

ワクチンでワンちゃんの病気を防げるものに「ジステンパー」や「パルボウィルス感染症」などが挙げられます。これらは感染すると死亡する事もあり、大変恐ろしい病気です。特に抵抗力のない子犬や老犬がかかるとその危険度は増します。これらの感染を予防するために数年に一度の割合で狂犬病予防とは別にワクチンの接種が推奨されています。

 

●ワクチンを打つリスクは?

 

ワクチンは一言で言えば「害が出ない程度に薄めた病原体を意図的に体内に取り込みそれで抗体を作る」というものですので、100%リスクのないモノとはいえません。ごくまれですが、犬種によって下痢や発熱といった症状を伴う事もあります。また、体調不良の時にはどの犬種でもリスクが増大しますので、接種前の健康診断は絶対に必要なのです。

 

接種後はその日のうちに異常が見られることもありますので、接種当日は飼い主のチェックを怠らないようしたいものです。

 

●ワクチンの値段は?

 

こうしたワクチン。もちろん、動物病院によって値段は違いますが、おおよそ6,000円〜8,000円程度が目安です。ワンちゃんへの負担に数年に一度の割合で狂犬病予防とは別にワクチンの接種が推奨されています。

 

●ワクチンを打つリスクは?
ワクチンは一言で言えば「害が出ない程度に薄めた病原体を意図的に体内に取り込みそれで抗体を作る」というものですので、100%リスクのないモノとはいえません。ごくまれですが、犬種によって下痢や発熱といった症状を伴う事もあります。また、体調不良の時にはどの犬種でもリスクが増大しますので、接種前の健康診断は絶対に必要なのです。

 

接種後はその日のうちに異常が見られることもありますので、接種当日は飼い主のチェックを怠らないようしたいものです。

 

●ワクチンの値段は?

 

こうしたワクチン。もちろん、動物病院によって値段は違いますが、おおよそ6,000円〜8,000円程度が目安です。ワンちゃんへの負担にもなりますので、狂犬病のワクチンとは別の機会に打つ方が良いです。

 

またこうしたワクチンは屋外飼育の場合はもちろんの事、室内飼いの場合でも打つべきです。というのも、感染症のウィルスは空気に乗ってくることも多く、飼い主が注意していても防ぎようがない病気だからです。

 

このようにアナタの愛犬の命を守る「ワクチン」。是非とも接種しましょう。