夏場に気をつけたい猫の病気チェック方法公開

高齢猫

夏、35℃を超えるような日も珍しくありません。そのような日は人間も猫も体調管理にはことのほか注意が必要です。

 

室内飼いのネコの場合、多くはクーラーの効いた部屋にいる事が多いので熱中症になる事は少ないのですが、高齢のネコちゃんや子猫などはそれでもやはり注意したいものです。

 

そこでここでは夏場に気をつけたい猫の病気について見てみたいと思います。

●熱中症

 

夏はやはり熱中症に注意が必要です。猫は犬に比べて暑さに強いとも言われていますが、クーラーのかかっていない直射日光が当たる部屋は「地獄」です。これらを防ぐためにはカーテンで日差しを遮る、クーラーで室温管理をしっかり行うなどの対応を絶対に行いましょう。特にネコちゃんを一人で留守番させる際でもクーラーはつけっぱなしにしておいてください。猫は人間にとって少し暑いくらいの室温が快適に過ごせると言います。部屋を冷やし過ぎないようにするのもコツです。

 

熱中症になると猫は普段はしない口呼吸やハアハアと苦しそうな素振りをします。ひどい場合は、そのまま命を落とす事にもなりかねません。

 

また、夏の高温も心配ですが、季節の変わり目で気温が上がり下がりするのも猫には負担になると言われています。特に腎臓などが弱っている高齢猫は気温のせいで体温調整がうまくいかない事も多いのです。季節の変わり目で体調に変化がないかもよく見てみましょう。いずれにしても、何か異常があればすぐに動物病院へ行くべきです。

●食中毒にも注意

 

人間同様、夏場は猫も食中毒に注意したいシーズンです。特にウエットタイプのキャットフードは室内にそのまま放置していると腐敗してしまいます。なので、飼い猫の食事の際には食べる直前に封を切り、食事が終わったら直ちに片付けておくのがいいでしょう。どうしても、残してしまうようなら冷蔵庫で保管しておきましょう。
意外に落とし穴なのが「飲み水」。水も夏場放置しておくと、傷んで飲めなくなります。なので、新鮮な水に頻繁に交換する心がけが必要です。あまりに、暑くて飲んでくれないようなら少量の氷を入れて冷やしてあげるのもいいでしょう。

 

食中毒になりますと、下痢や嘔吐などが見られ重篤化するケースも珍しくありません。人間の食事同様に飼い主として適切な管理が必要です。

 

このようにして暑い夏を乗り切ってください。