猫は室内飼いがおすすめ!猫を少しでも長く生きさせる方法

猫は室内飼いをおすすめ

アナタの愛猫、どのように飼っていますか? いわゆる「座敷猫」、室内飼いに徹していますか。それとも、表にも自由に行き来させていますか?

 

表で自由に遊ばせてあげた方がネコちゃんも喜ぶ・・・とお思いの方もいるかもしれません。しかし、ネコちゃんの健康を考える場合、表には様々な危険があります。より長く、健康に過ごして欲しいと考えるならばできれば室内飼いに徹して欲しいのです。

 

ここでは、そんなネコちゃんの室内飼いについて見てみます。

●表にいるリスク

基本的にワンちゃんと違い、ネコちゃんは表に散歩に連れて行く必要はありません。家の中をある程度自由に行き来できるようにさせてあげれば、オスでもメスでもストレスを感じることなく運動できます。なので、愛猫に表で自由に運動させるという必要性はあまりありません。

 

また、表は野良猫飼い猫問わず、他の不特定の猫と交流する事になります。これらの猫の中には様々な病原体をもった猫もいて、接触する事により愛猫が思わぬ病気に感染してしまうことも。これは見た目が酷くなる皮膚病のような疾患もあれば、根治するのが不可能な感染症である事も多いのです。

 

この他に交通事故などの危険もあり、飼い主の管理ができないところで愛猫を行動させるのは常にリスクがあるものなのです。

 

●室内飼いのポイント

 

室内で飼うという事は、前節で触れたような表でのリスクはだいぶ回避できると言えます。さらに室内飼いは表で飼っている猫と比べ、寿命も5年程度長いというデータも。健康で病気知らずでいてもらうには、室内飼いは基本なのです。

 

室内なら食事で何を食べているかチェックもできますし、家族と密に触れ合う事も可能です。ただし、雄猫の場合、発情期になりますとマーキングなどの行為をとりますので、繁殖する目的がない場合は早い段階で去勢する必要があります。これにより、性ホルモンに由
また、表は野良猫飼い猫問わず、他の不特定の猫と交流する事になります。これらの猫の中には様々な病原体をもった猫もいて、接触する事により愛猫が思わぬ病気に感染してしまうことも。これは見た目が酷くなる皮膚病のような疾患もあれば、根治するのが不可能な感染症である事も多いのです。

 

この他に交通事故などの危険もあり、飼い主の管理ができないところで愛猫を行動させるのは常にリスクがあるものなのです。

 

●室内飼いのポイント

 

室内で飼うという事は、前節で触れたような表でのリスクはだいぶ回避できると言えます。さらに室内飼いは表で飼っている猫と比べ、寿命も5年程度長いというデータも。健康で病気知らずでいてもらうには、室内飼いは基本なのです。

 

室内なら食事で何を食べているかチェックもできますし、家族と密に触れ合う事も可能です。ただし、雄猫の場合、発情期になりますとマーキングなどの行為をとりますので、繁殖する目的がない場合は早い段階で去勢する必要があります。これにより、性ホルモンに由来する病気の心配もなくなり、長生きする確率も高くなると言われています。

 

また複数のネコちゃんを室内で飼っている場合は、互いの存在がストレスにならないような配慮も必要ですし、やはり動物病院での定期的な健康診断も欠かせません。

 

いずれにしましても、様々な病気などの予防のためにも、飼い主として愛猫はしっかりと管理しておく必要があるものと言えます。